満足度の高い分譲住宅とは?購入する人が確認するべきポイントを徹底解説

当サイトでは満足度の高い分譲住宅とはどのようなものなのか、購入する人が確認するべきポイントを徹底解説しています。
これから建売の家を買いたいと考えているのなら、チェックしてみるのがおすすめです。
分譲地に建てられた物件の契約を結ぶまでのフローもご紹介しています。
どのように購入するかの手順が分かりやすくなるでしょう。
さらに建売住宅を買うときに生じる費用の内訳も説明していますので、どのような費用が発生するのかが分かります。

満足度の高い分譲住宅とは?購入する人が確認するべきポイントを徹底解説

分譲住宅を購入する時には満足度が高い家を選びたいものでしょう。
納得の家を手に入れるためには、資産価値や安全性それに住人にとっての住み心地が重要になるポイントです。
分譲住宅は比較的多くの人にとって魅力のあるエリアに建てられていますが、いざというときに売却できるような家であるかを確認しておくと良いです。
また自然災害の影響が気になる昨今では、安全性も大切になります。
地盤や周辺の環境などを良く調べて選ぶようにします。

分譲住宅の情報を効率よく集める手段

分譲住宅を効率よく情報を集めるためにはどうしたら良いのか?効率よく集めることが、住宅購入において役に立つのです。
そもそも分譲住宅といってぴんと来ない人もいるようです。
分譲住宅とは、一個ずつ住宅を販売することを言います。
広い土地だと同じ住宅をたくさん建っていますが、分割して販売するためそう呼ばれているのです。
注文住宅と異なり出来上がったところを入居するだけで済むので、注文住宅よりもすぐにはいることができます。
すみやかに新しい住宅を探している人には、とてもお手軽な住宅といえます。
一つひとつ注文して作るものも愛着がわきますが、最初から作られているので、良くも悪くも見ることができます。
気に入ったらすぐに入居できるのもメリットです。
例えばネットで調べると、分譲住宅の情報はたくさんでてきます。
使用しやすいサイトを見つけることで、理想の住まい選びを楽しめるのです。
条件で狭めることも可能なので、より自分の希望に合った場所を探せます。

分譲住宅が売り出されるタイミング

分譲住宅が売り出されるタイミングはいつか?ここ数年分譲マンションというワードがよく耳にするようになり、バブルのような値段で取引されるようになっています。
分譲住宅の売り時はいつがベストかということになりますが、一般的に築15年までに売るのが一つの目安といわれています。
不動産で価値がある基準は築浅であること、不動産の価値が上がっていること、住宅ローンが低金利であることです。
もし分譲住宅を売りたいならば、築15年までに売却するのが一つの目安となります。
マンションを購入する側からみると、「築16年以降の物件を買えば資産価値が落ちにくい」ということになりますが、新築で買っていた場合は、大幅に下落するということになります。
将来的に投資として考えている場合は、査定価格を考慮したうえで購入すると良いでしょう。
築年数の次に目をつけるのが、不動産の市場自体の問題です。
俗にいうオリンピック景気が終わったことが一つの目安だという意見もあります。

分譲住宅は一般的な建売住宅と何が違うのか?

住宅のうち、分譲と建売は既に建築されている家を販売しているという点で共通しており、ほとんど違いがないのが実態です。
しかし、家が建っている土地が分譲地であれば分譲住宅であり、これが両者の決定的な違いとされます。
分譲地とは比較的広い土地を不動産会社や住宅メーカーなどが一括で購入し、それを住宅建築用に区画整理をした土地のことを指します。
不動産会社や住宅メーカーは1つの区画に1軒の家を建て、その後販売されるのが一般的です。
なお、分譲住宅は個々の家の外観デザインが同じ、あるいは似ている傾向が強いですが、近年では同じ分譲地に異なる外観の家を建築するケースも増えつつあります。
いずれにしても、分譲住宅は不動産会社や住宅メーカーが利便性の良い土地を選び出し、大きなプロジェクトとして取り組むのが原則です。
それに対し、1つの土地に1つの住宅を建築し、セットで販売するのが建売住宅とされます。
広い意味で言えば分譲住宅も建売住宅に該当しますから、区別なく使われることもしばしばあります。

家族が暮らしやすい分譲住宅の条件

家族が幸せに暮らせる家を買うためには、面積やアクセスなどの様々な条件を比較検討する必要があります。
そして特に快適に暮らせるマイホームを購入する上では、間取りを自由に決められる注文住宅を選びたいと多くの人が考えます。
ところが費用や入居時期などの問題から、分譲住宅に興味を持つファミリー層も多いです。
家族一人一人の個室が確保できる物件は、暮らしやすさを特に重視する人にも最適です。
しかし入居当初は子供が乳幼児であっても、やがて小中学校に入学すると住まいへのニーズも変化します。
そのために分譲住宅を買うときには、間取りの変更がしやすい物件を選ぶことも多いです。
物件を販売する不動産会社と相談すると、ファミリー層のニーズにマッチした分譲住宅を紹介してもらえます。
一方でマンションと比べると、一戸建て住宅は駅から離れたエリアに立地していることが多いです。
カースペースが充実した物件は、外出する頻度が高いファミリー層も暮らしやすいです。

どうして分譲住宅は建築費を抑えやすいのか?

分譲住宅のメリットに建築費を抑えやすいことがあります。
その理由はいくつかありますが、特徴的なのがスケールメリットがあることです。
まず大きな土地を購入して分割して建物と一緒に販売するため、販売業者は土地を安く購入しているのが一般的です。
面積の広い土地は一括販売が難しいため市場価格が下がりがちなことから、不動産業者は一般消費者が土地を購入するより安い価格で購入している可能性があります。
家を建てる際の建築資材を一括購入できることも建築費を抑えることにつながります。
大量にまとめ買いすることで購入費を抑えやすいため、業者の規模が大きくなるほど安くなる傾向があります。
分譲住宅の価格が抑えられる理由として他にあげられるのが人件費や販売コストです。
分譲住宅は同じようなデザインの家を複数棟建てることが特徴ですが、そのため土地の形状や建築プランの規格化、工事進捗を管理する現場管理・施工管理に要する人件費を節約できます。
また資材を業者の所有工場で加工・生産できることから、現地で職人がおこなう手間を省き工期を短縮できます。

同じ分譲住宅でも外観に差をつける方法

住宅には注文住宅と建売とも言われる分譲住宅とがあります。
分譲住宅はすでに家の形や設備、間取りなどが決められており、近くの家すべて同じような外観をしています。
分譲であるとすぐに住むことができるため、大変便利な他、似たような年齢の人が集まってくるので、子供がいる家庭では大変利用がしやすい住宅の形態となります。
分譲住宅は家の形が同じであることから、できるだけ差をつけたい、オリジナリティを出したいと考えます。
このような場合外観に注目をすると良いでしょう。
庭に木を植えてアクセントにする、門を他の家にはない物にするなどのことを考えます。
自然豊かな雰囲気を出したい場合は木や花などを花壇風に設置しても良いですし、スタイリッシュにしたい場合はあえて木を使用せず、ライトなどを利用して家を照らすようにします。
少し手を加えるだけで他の家との差をつけることができるので、どのようなコンセプトにするかを考えると家の周りに何を設置したらよいかが見えてきます。

分譲住宅なら土地探しの省略が可能

憧れのマイホームを注文住宅で手に入れるとなると、土地探しや住宅の設計図や仕様書を専門家と一緒に作り上げるなど、大きな労力と時間がかかります。
こうした手間を大きく省きたいなら、分譲住宅の中から探し出し、購入することをお勧めします。
分譲住宅とは、不動産会社や住宅メーカーが仕入れた広い土地を戸建て住宅用に相応しい大きさに分割した分譲地の上に建築された住宅のことです。
既に家が建っているのが一般的ですから、注文住宅のように土地探しやゼロから家づくりに取り組む必要は全くありません。
原則として見学もできますし、気に入った物件が見つかれば購入し、住宅ローン契約が済めばすぐに入居できます。
注文住宅のように外観や内装、間取りなどを自分用に決めることはできませんが、比較的低価格で土地付き新築住宅を手に入れられる点や、分譲住宅では生活に必要な周辺環境が既に整っていることが多いことは大きな魅力です。
手間をかけずにパフォーマンスの良い新築住宅を手に入れるなら、分譲住宅に絞って探し出すことも視野に入れましょう。

分譲住宅に多く見られるオープン外構

分譲住宅は建売住宅とも言われることもあり、似たような家の外観となることが多いです。
統一した家にすることでコストを抑えており、さらに出来上がり次第すぐに入居することができることから、生活設計がしやすいメリットがあります。
近年分譲住宅は外構にもこだわりがあるタイプが多くなっています。
近頃多いのがオープン外構であり、他の家と壁で仕切られていることはありません。
たとえ仕切りがあったとしても植物などを低く植えており、開放感があります。
これは防犯の上で配慮されている面と、分譲住宅そのもののコンセプトが関係しており、壁を設置しない、もしくは低くすることにより周囲からも見渡しやすくなり、犯罪のリスクを軽減することができます。
さらに近年は自然災害も多くなっており、しっかりとした塀をつくらないと新たな災害が起きてしまう可能性があります。
このようなことがないようあえてオープン外構にしており、適度にプライバシーも保てるようになっています。

分譲住宅の標準プランに含まれるエクステリア

分譲住宅の標準プランに含まれているエクステリアですが、敷地の建物が建っているいる以外の部分で外周・駐車スペース・玄関アプローチ・植栽・郵便ポストなどです。
外周部分だと仕上がりは、コンクリートの土間打ちまたは砂利敷きになると思う人が多いのですが、実際は土のままのほうが多くて芝生やコンクリートを使うことは稀です。
つまり、標準だと芝生などにする場合は別に追加しないといけません。
また、フェンスなどは隣地との境界へブロックを積んでからメッシュフェンスを設置することが主ですが、区画内の境界だと設置されない場合もあります。
分譲住宅を購入した方は、内覧の時になくても引っ越しまでには設置されると思う方も多く、されてないときはしてくれるかどうか確認したほうがいいです。
自費だと長さで違いますが10万円以上かかります。
駐車場の土間打ちも1台分しかしてないケースもあり、これは売る側は原価を出来るだけ安くするために、設計時では1台分しかしない計画をしているためです。
建築が進んで外構工事の段階でも売れ残っているときは、売れやすくするため2台分行うといった感じです。

分譲住宅に関する情報サイト
はじめての分譲住宅

当サイトでは満足度の高い分譲住宅とはどのようなものなのか、購入する人が確認するべきポイントを徹底解説しています。これから建売の家を買いたいと考えているのなら、チェックしてみるのがおすすめです。分譲地に建てられた物件の契約を結ぶまでのフローもご紹介しています。どのように購入するかの手順が分かりやすくなるでしょう。さらに建売住宅を買うときに生じる費用の内訳も説明していますので、どのような費用が発生するのかが分かります。

Search